言霊-日本の物語を語り継ぐ(日本神話や昔話、民話)-

最新の物語

古事記の物語

木花咲耶比売「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

邇邇芸命は結婚相手として差し出された姉妹の内、長寿を司るも容姿の醜い姉のみを送り返してしまわれます。一方、一夜の共寝で身ごもられた妹君は、他の神との仲の疑いを晴らすために炎の中で御子を産む事を宣言されるのでした。

倭建命の誕生「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

景行天皇は美濃国造の祖先、大根王の娘、兄比売と弟比売という二人の美しい乙女を召し出そうと大碓命を遣わましたが、大碓命はその二人を自分で娶ってしまい、別の女を献上してしまいます。

崇神天皇(三輪山伝承)「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

祟神天皇の時代、活玉依姫のもとに夜な夜な通う男がいました。男の素性を知りたいと衣の裾に糸を刺して翌日これをたどって行くと、三輪神社に入りました。それで男は三輪の神様であることがわかったのです。

平家物語

鱸「平家物語 -作者:藤原行長(異説有) -」

平忠盛の子らは次々と昇殿を許されました。刑部卿まで出世した平忠盛は亡くなり平清盛が棟梁を継ぎ物語は清盛のお話へ

禿髪「平家物語 -作者:藤原行長(異説有)-」

「この平家一門にあらざる人は、みな非人である」。平清盛公が盛んだった頃は、誰もがみな平家をならい、平家に取り入って、平家の悪口を言いませんでした。それというのも――

吾身栄花「平家物語 -作者:藤原行長(異説有)-」

清盛の栄華は彼一人にとどまることなく、平家一門におよびました。その様子は、御殿に煌びやかな衣服を纏う人が満ち、まるで花が咲いているよう美しさでありました。

神代の物語(風土記などの日本神話)

神代の物語一覧

国引き神話「出雲国風土記」

出雲国風土記の神話。出来たばかりの出雲国は小さくそれを憂いだ神様は大陸より国を引っ張ってくる神話です。

くれふし山の蛇「常陸国風土記 -那賀の郡」

昔、茨城の里にあるくれふし山のふもとに、兄妹が住んでいました。ある時、妹は夜ごとに訪れる謎の男と結婚し、身ごもりましたが、産まれたのはなんと小さな蛇でした。

要石と大ナマズ

古来より地中にいる大鯰が暴れると地震が起こると言い伝えられている。建御雷之男神と布津主神がその大鯰を要石で封じるお話

古代の物語

コトリバコ「美濃の国の紀遠助女の霊に値ひて遂に死にたる語-今昔物語集より」

藤原孝範の従者、紀遠助は都での任を終え故郷の美濃へ帰る道中、不気味な女と出会う。女から「決して開けないように」と渡された小箱を持ち帰って物置に置いておいたのだが、嫉妬心の強い妻がその箱を開けてしまう。果たして、箱の中に入っていたものとは。

八郎太郎伝説 -八郎太郎の出生・田沢湖のおこり-「東北地方民話」

東北地方民話の八郎太郎伝説 -八郎太郎の出生・田沢湖のおこり。八郎太郎が大蛇となり十和田湖が出来るまでのお話。

山城国風土記逸文(神名帳頭註)「秦伊呂巨と稲荷神」 -

『山城国風土記』逸文で紹介されている、伊奈利社(稲荷社)の草創の由来についてのお話。

中世の物語

大沼池の黒龍-約束-

黒姫を娶りたい黒竜は毎日のように黒姫の父に許しを請いに現れました。しつこい黒竜を黒姫の父は騙します。それに激怒した黒竜は大嵐を起こして村を荒らしてしまいます。

浅茅が宿「雨月物語-1768~1776年刊 著者:上田秋成 -」

葛の葉が風で翻る秋の頃には、きっと帰ってくるよ」そう妻に約束して故郷を後にした勝四郎だったが、戦乱の世の中で心ならずも七年の月日を都で過ごしてしまいました。もう妻は死んでいるだろう、せめて菩提を弔おうと、ようやく帰ってきた彼が目にしたものとは――

嫁脅し肉付きの面「福井県民話」

越前の国に信心深い夫婦と姑が暮らしておりました。毎夜農作業が終わった後に寺へ出かける夫婦を良く思っていなかった姑は鬼の面を被り夫婦を驚かせようと待ちぶせするのです。

近代の物語

稲生物怪録

稲生物怪録。広島県三次市に実話として伝わる、三次藩士稲生平太郎が体験した30日間に及ぶ怪異の話

分福茶釜

むかしむかし、館林の茂林寺というお寺に来た守鶴という僧は、不思議な僧で何年たっても年を取りませんでした。実は守鶴はなんとも不思議な茶釜を持っており…

かちかち山(兎の大手柄)

裏山のわる狸のいたずらで死んでしまったお婆さんのかたき討ちに兎は……? 日本昔話で有名な「かちかち山」を本来のストーリーでご紹介。

【朗読】大国主の国作り-神語り-「古事記・・・

一覧

大穴牟遅神はたどり着いた根の国にて、須佐之男命の娘である須勢理毘賣と恋に落ちて結び合われました。しかし、そんな大穴牟遅神に須佐之男命は次々と試練を与えます。

本サイト「言霊」について

このエントリーをはてなブックマークに追加

言霊-日本の物語を語り継ぐ(日本神話や昔話、民話)-は、日本神話や昔話などから古来日本人の暮らしや伝統を感じる中で日本の素晴らしさを再認識して頂きたいと立ち上げました。
古来日本人は、何を考えてどのような生活を送っていたのか?
その事を考えて頂き、これからの人生に役立てて頂ければ幸いでございます。
本サイトのタイトルを「言霊」と致しました由来は、先人の言葉が今もこの世に残り人々に語り継がれて何らかの影響を与えている。
つまり、先人の「言霊」は未だこの世に残っている。
そして、物語や神話にもこのような要素があると考え至り「言霊」というタイトルに致しました。

言霊-日本の物語を語り継ぐ(日本神話や民話、昔話)-の先頭へ