猿蟹合戦

猿蟹合戦「日本全国民話」

ずる賢い猿に騙された蟹の子どもたちが、栗、蜂、臼、昆布の力を借りて仇討ちをする物語。

物語の続きを読む

古事記の物語

古事記の物語一覧

神武東征

神武東征 -東征-「古事記 -712年献・・・

ある日五瀬命と神倭伊波礼琵古命(神武天皇)は、「この国は西に寄りすぎている」として東へ向かわれました。その道中で海路に詳しい槁根津日子と出会い、お供に加えます。

記事を読む

八岐大蛇

八岐大蛇「古事記 -712年献上 作者:・・・

高天原から追放された須佐之男命は、美しい娘(櫛名田姫)にすがりついて泣く老夫婦と出会います。訳を聞いた須佐之男命は、櫛名田姫を妻に差し出す事を条件に、娘を喰らう八俣の大蛇退治に乗り出すのでした。

記事を読む

豊玉姫命

豊玉毘賣「古事記 -712年献上 作者:・・・

山幸彦と結婚した海神の娘の豊玉毘賣は懐妊しましたが、決して産屋の中を覗かないようにと告げます。約束を破って覗いてしまった山幸彦が見たものは、本来の大きな鮫の姿となってのたうち回る豊玉毘賣でした。

記事を読む

平家物語

平家物語一覧

dennzyouutiiri1_s

殿上闇討「平家物語 -作者:藤原行長(異・・・

昇殿を果たした平家の棟梁である平忠盛。その忠盛を五穀豊穣の節会で闇討ちする陰謀が進んでいました。その陰謀を知った忠盛は通例に背き帯刀して五穀豊穣に向かうのであった。

記事を読む

heikemonogatari02

禿髪「平家物語 -作者:藤原行長(異説有・・・

「この平家一門にあらざる人は、みな非人である」。平清盛公が盛んだった頃は、誰もがみな平家をならい、平家に取り入って、平家の悪口を言いませんでした。それというのも――

記事を読む

wagamieiga samune

吾身栄花「平家物語 -作者:藤原行長(異・・・

清盛の栄華は彼一人にとどまることなく、平家一門におよびました。その様子は、御殿に煌びやかな衣服を纏う人が満ち、まるで花が咲いているよう美しさでありました。

記事を読む

神代の物語(風土記などの日本神話)

神代の物語一覧

茅の輪くぐり(蘇民将来)「備後国風土記」

茅の輪くぐり(蘇民将来)「備後国風土記」

釈日本紀 備後国風土記逸文「蘇民将来」年に一回行われる。「夏越の祓(なごしのはらえ)」で行われる、茅の輪潜りの由来となった、蘇民将来の伝説

記事を読む

大国主と少彦名の我慢比べ

大国主と少彦名の我慢比べ「播磨国風土記 ・・・

播磨国風土記の神話。大国主と少彦名はひょんな事からハニの荷を肩にかついで遠くまでいくのと、糞を我慢して遠くまでいくか我慢比べをするお話です

記事を読む

kurefusiyamanohebisamune

くれふし山の蛇「常陸国風土記 -那賀の郡・・・

昔、茨城の里にあるくれふし山のふもとに、兄妹が住んでいました。ある時、妹は夜ごとに訪れる謎の男と結婚し、身ごもりましたが、産まれたのはなんと小さな蛇でした。

記事を読む

古代の物語

古代の物語一覧

tamamizu2sm

【古代】玉水物語:後篇-「御伽草子-作者・・・

姫君の入内が決まり、玉水も女房として姫君と一緒に御所に上がることになった。準備で屋敷中が慌ただしく過ごす中、ひとり沈んだ様子を見せる玉水を姫君は心配するが……。

記事を読む

kotoribako_s

コトリバコ「美濃の国の紀遠助女の霊に値ひ・・・

藤原孝範の従者、紀遠助は都での任を終え故郷の美濃へ帰る道中、不気味な女と出会う。女から「決して開けないように」と渡された小箱を持ち帰って物置に置いておいたのだが、嫉妬心の強い妻がその箱を開けてしまう。果たして、箱の中に入っていたものとは。

記事を読む

女人の悪鬼に点されて食噉はれし縁

女人の悪鬼に点されて食噉はれし縁-日本霊・・・

聖武天皇の御代、人々は口々に謡ったという。汝をぞ嫁に欲しと誰、庵知の此方の万の子南无南无や、仙酒も石も、持ちすすり、法申し、山の知識、余しに余しに――ああ、この唄は、あの災禍の前兆だったのだろうか。

記事を読む

中世の物語

中世の物語一覧

白峰

白峰「雨月物語-1768~1776年刊 ・・・

西行法師が讃岐国に崇徳新院の墓をたずねます。すると、西行の前に崇徳新院の悪霊があらわれ、恨みつらみを語ります。ここ最近の世の乱れは自分がなしている祟りだと。崇徳新院の悪霊が語ったとおり、この後平家の繁栄はとだえ、壇ノ浦にほろぼされます。

記事を読む

asajigayado02

浅茅が宿「雨月物語-1768~1776年・・・

葛の葉が風で翻る秋の頃には、きっと帰ってくるよ」そう妻に約束して故郷を後にした勝四郎だったが、戦乱の世の中で心ならずも七年の月日を都で過ごしてしまいました。もう妻は死んでいるだろう、せめて菩提を弔おうと、ようやく帰ってきた彼が目にしたものとは――

記事を読む

urashima2sm

浦島伝説「御伽草子」

浦島太郎の御伽草子版のお話。 亀を助けた浦島さんが、助けたおれいに竜宮城へ

記事を読む

近代の物語

近代の物語一覧

耳無し芳一

耳なし芳一「臥遊奇談」

阿弥陀寺に芳一という盲目の琵琶法師が住んでいた。芳一は平家物語の弾き語りが得意で、特に壇ノ浦の段は「鬼神も涙を流す」と言われるほどの名手だった。ある夜芳一の前に武者が現れました。

記事を読む

小泉小太郎伝説

泉小太郎伝説「長野県民話」

両親を知らずに育った泉小太郎の不思議な出生にまつわる長野県の民話。ある日育て親である老人に自分の母は龍だと告げられ告げられます。

記事を読む

稲生物語

稲生物怪録

稲生物怪録。広島県三次市に実話として伝わる、三次藩士稲生平太郎が体験した30日間に及ぶ怪異の話

記事を読む

根の国訪問

【朗読】大国主の国作り-神語り-「古事記・・・

一覧

大穴牟遅神はたどり着いた根の国にて、須佐之男命の娘である須勢理毘賣と恋に落ちて結び合われました。しかし、そんな大穴牟遅神に須佐之男命は次々と試練を与えます。

全部読む

本サイト「言霊」について

このエントリーをはてなブックマークに追加

言霊-日本の物語を語り継ぐ(日本神話や昔話、民話)-は、日本神話や昔話などから古来日本人の暮らしや伝統を感じる中で日本の素晴らしさを再認識して頂きたいと立ち上げました。
古来日本人は、何を考えてどのような生活を送っていたのか?
その事を考えて頂き、これからの人生に役立てて頂ければ幸いでございます。
本サイトのタイトルを「言霊」と致しました由来は、先人の言葉が今もこの世に残り人々に語り継がれて何らかの影響を与えている。
つまり、先人の「言霊-日本の物語(日本神話や昔話)-」は未だこの世に残っている。
そして、物語や神話にもこのような要素があると考え至り「言霊」というタイトルに致しました。

あああああ