言霊-日本の物語を語り継ぐ(日本神話や昔話、民話)-

最新の物語

古事記の物語

神武東征 -東征-「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

ある日五瀬命と神倭伊波礼琵古命(神武天皇)は、「この国は西に寄りすぎている」として東へ向かわれました。その道中で海路に詳しい槁根津日子と出会い、お供に加えます。

神武東征 -久米歌-「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

忍坂では、土雲が神倭伊波礼毘古命(神武天皇)の一行を待ち構えていました。一行は御子の策によって次々と土雲を打ち殺していきます。

天照大御神と須佐之男の誓約「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記、誓約神話の現代語訳。父の伊邪那岐命によって追放されてしまわれた須佐之男命は、姉の天照大御神に最後の別れを告げるために高天原へ向かわれます。警戒なさる天照大御神に対して、須佐之男命は誓約(占い)によって邪心が無い事を証明する事を提案されましたが…。

平家物語

祇園精舎「平家物語 -作者:藤原行長(異説有) -」

平家物語の序章「祇園精舎の鐘の声~」で有名なお話。平家が昇殿を果たすまでの成り立ちが語れます

鱸「平家物語 -作者:藤原行長(異説有) -」

平忠盛の子らは次々と昇殿を許されました。刑部卿まで出世した平忠盛は亡くなり平清盛が棟梁を継ぎ物語は清盛のお話へ

橋姫伝説「平家物語剣巻」

丑の刻参りの原点。貴船神社に願をかけて生きながら鬼神となった橋姫のお話です

神代の物語(風土記などの日本神話)

神代の物語一覧

国引き神話「出雲国風土記」

出雲国風土記の神話。出来たばかりの出雲国は小さくそれを憂いだ神様は大陸より国を引っ張ってくる神話です。

茅の輪くぐり(蘇民将来)「備後国風土記」

釈日本紀 備後国風土記逸文「蘇民将来」年に一回行われる。「夏越の祓(なごしのはらえ)」で行われる、茅の輪潜りの由来となった、蘇民将来の伝説

天の架け橋-天橋立伝説- 「丹後国風土記逸文」

丹後国風土記、天橋立伝説をイラスト付きでご紹介。国生みをする中で高天原の神々は美しい地上へ降りてみたいと思いました。天の架け橋をくだり神々は地上へと降りられました。

古代の物語

【古代】宇治拾遺物語―雀報恩の事(腰折れ雀)「舌切り雀原作」

怪我をした雀を看病した優しいおばあさんと、それを見て真似をした強欲なおばあさん。それぞれのおばあさんへ贈られた、雀の「恩返し」とは。

【古代】筒井筒「伊勢物語(第二十三段)-作者知れず-」

幼なじみの男女が恋仲になり夫婦となるが、女が親を亡くして生活に困るようになると、男は他の女のもとへ通うようになる。そんな夫に嫉妬することなく、女のところへ送り出す妻を不審に思う男だったが……。

花桜折る少将「堤中納言物語-作者:知れず-」

主人公の少将は美しい姫君に恋をし、彼女が入内する前に盗み出そうとする。しかし、誤って姫の祖母を連れてきてしまう。

中世の物語

嫁脅し肉付きの面「福井県民話」

越前の国に信心深い夫婦と姑が暮らしておりました。毎夜農作業が終わった後に寺へ出かける夫婦を良く思っていなかった姑は鬼の面を被り夫婦を驚かせようと待ちぶせするのです。

星月夜の織姫「大阪府民話」

牡丹花肖栢という歌人が古墳の中で秦氏の先祖とされる織姫と出会い和歌を詠んで欲しいと御願いされるのです。

吉備津の釜「雨月物語-1768~1776年刊 著者:上田秋成 -」

浮気性で遊び人の正太郎と吉備津神社の娘の磯良、吉備津の御釜祓いにて二人の婚姻には凶兆が出ます。周囲はそれを無視して結婚させますが…。嫉妬が巻き起こす恐ろしい怪談話です。

近代の物語

女方もすなる「男色大鑑-1687年発刊 作者:井原西鶴 -」

道頓堀畳屋町の西北角に松島半弥という女方がいました。半弥は色っぽく、情け深く、客のもてなしは上品で、酒も上手にこなし、客への手紙の書き方などは真似のできる若衆はいなかった。

分福茶釜

むかしむかし、館林の茂林寺というお寺に来た守鶴という僧は、不思議な僧で何年たっても年を取りませんでした。実は守鶴はなんとも不思議な茶釜を持っており…

みちびき地蔵「宮城県民話」

宮城県民話、みちびき地蔵のお話をイラスト付きでご紹介。宮城県の気仙沼市大島を襲った大津波のお話です

【朗読】大国主の国作り-神語り-「古事記・・・

一覧

大穴牟遅神はたどり着いた根の国にて、須佐之男命の娘である須勢理毘賣と恋に落ちて結び合われました。しかし、そんな大穴牟遅神に須佐之男命は次々と試練を与えます。

本サイト「言霊」について

このエントリーをはてなブックマークに追加

言霊-日本の物語を語り継ぐ(日本神話や昔話、民話)-は、日本神話や昔話などから古来日本人の暮らしや伝統を感じる中で日本の素晴らしさを再認識して頂きたいと立ち上げました。
古来日本人は、何を考えてどのような生活を送っていたのか?
その事を考えて頂き、これからの人生に役立てて頂ければ幸いでございます。
本サイトのタイトルを「言霊」と致しました由来は、先人の言葉が今もこの世に残り人々に語り継がれて何らかの影響を与えている。
つまり、先人の「言霊」は未だこの世に残っている。
そして、物語や神話にもこのような要素があると考え至り「言霊」というタイトルに致しました。

言霊-日本の物語を語り継ぐ(日本神話や民話、昔話)-の先頭へ