言霊-日本の物語を語り継ぐ(日本神話や昔話、民話)-

最新の物語

古事記の物語

因幡の白兎「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

八上比売へ求婚をする兄たちの荷物持ちをさせられていらっしゃった大穴牟遅神は、道中で赤裸の兎と出会われます。哀れに思い声をおかけになる大穴牟遅神に、兎は事の経緯を申し上げるのでした。出雲大社の祭神、大国主神の物語の第一弾です。

天孫降臨「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記、天孫降臨神話の現代訳。天照大御神の孫である邇邇芸命がお供を連れて豊葦原国に下られる際、道の岐路に見知らぬ神がいらっしゃいました。そこで天宇受賣命にその神の素性を問う命が下ります。

天岩戸「古事記 -712年献上 作者:太安万侶 -」

古事記、天岩戸神話の現代訳。天岩戸に籠られた天照大御神を連れ出すために、神々はより尊い神が現れたふりをして、宴会を開かれます。暗黒の世界の中で神々はそれぞれの神業をあらわされるのでした。

平家物語

祇園精舎「平家物語 -作者:藤原行長(異説有) -」

平家物語の序章「祇園精舎の鐘の声~」で有名なお話。平家が昇殿を果たすまでの成り立ちが語れます

鱸「平家物語 -作者:藤原行長(異説有) -」

平忠盛の子らは次々と昇殿を許されました。刑部卿まで出世した平忠盛は亡くなり平清盛が棟梁を継ぎ物語は清盛のお話へ

殿上闇討「平家物語 -作者:藤原行長(異説有) -」

昇殿を果たした平家の棟梁である平忠盛。その忠盛を五穀豊穣の節会で闇討ちする陰謀が進んでいました。その陰謀を知った忠盛は通例に背き帯刀して五穀豊穣に向かうのであった。

神代の物語(風土記などの日本神話)

神代の物語一覧

くれふし山の蛇「常陸国風土記 -那賀の郡」

昔、茨城の里にあるくれふし山のふもとに、兄妹が住んでいました。ある時、妹は夜ごとに訪れる謎の男と結婚し、身ごもりましたが、産まれたのはなんと小さな蛇でした。

大国主と少彦名の我慢比べ「播磨国風土記 -713年献上 作者:知れず -」

播磨国風土記の神話。大国主と少彦名はひょんな事からハニの荷を肩にかついで遠くまでいくのと、糞を我慢して遠くまでいくか我慢比べをするお話です

茅の輪くぐり(蘇民将来)「備後国風土記」

釈日本紀 備後国風土記逸文「蘇民将来」年に一回行われる。「夏越の祓(なごしのはらえ)」で行われる、茅の輪潜りの由来となった、蘇民将来の伝説

古代の物語

【古代】梓弓「伊勢物語(第二十四段)-作者知れず-」 -

三年前に京へ旅立った夫の帰りを待ちかねた女が別の男と結婚の約束を交わしたところ、なんと夫が帰ってきた。戸口に立つ夫に、女は歌を詠みかける。

安珍・清姫伝説

安珍・清姫伝説をイラスト付きでご紹介。思いを寄せた僧の安珍に裏切られた少女の清姫が激怒のあまり蛇に変化し、道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺す紀州道成寺にまつわる伝説です。

金太郎「神奈川県民話」

金太郎は赤い腹掛けに大きなまさかりを持ち毎日、熊などの動物と相撲をとったり鬼ごっこをして過ごしていました。ある日、金太郎の怪力を目の当たりにした木こりが不思議に思い金太郎の住む小屋までついて行きました

中世の物語

慈覚大師、亘宋、伝顕密法帰来語「今昔物語集巻11・11話-1120年代~1449年-」

慈覚大師という聖人が仏法を学びに唐に渡った際に体験した、血染めの城のお話です。大師を保護してくれた穏やかな城の裏の顔は、何も知らぬ旅人の生き血で絞り染めを行うおぞましい場所でした。

嫁脅し肉付きの面「福井県民話」

越前の国に信心深い夫婦と姑が暮らしておりました。毎夜農作業が終わった後に寺へ出かける夫婦を良く思っていなかった姑は鬼の面を被り夫婦を驚かせようと待ちぶせするのです。

星月夜の織姫「大阪府民話」

牡丹花肖栢という歌人が古墳の中で秦氏の先祖とされる織姫と出会い和歌を詠んで欲しいと御願いされるのです。

近代の物語

泉小太郎伝説「長野県民話」

両親を知らずに育った泉小太郎の不思議な出生にまつわる長野県の民話。ある日育て親である老人に自分の母は龍だと告げられ告げられます。

夜泣きの灯り「長野県民話」

長野県民話。満願寺で小僧が毎夜丑三つ時に必ず山の中に有る御堂に灯りを燈す役目をしておりました。その小僧さんはついに心細くなり逃げ出してしまいます。それを知った和尚さんは小僧を誤って殺してしまいます。その晩から奇妙な声が聞こえように成ったのです

夜中のお弔い「山形県民話」

山形県の民話「夜中のお弔い」。あると侍が夜中に自分の弔いの行列に出会うお話です。

【朗読】大国主の国作り-神語り-「古事記・・・

一覧

大穴牟遅神はたどり着いた根の国にて、須佐之男命の娘である須勢理毘賣と恋に落ちて結び合われました。しかし、そんな大穴牟遅神に須佐之男命は次々と試練を与えます。

本サイト「言霊」について

このエントリーをはてなブックマークに追加

言霊-日本の物語を語り継ぐ(日本神話や昔話、民話)-は、日本神話や昔話などから古来日本人の暮らしや伝統を感じる中で日本の素晴らしさを再認識して頂きたいと立ち上げました。
古来日本人は、何を考えてどのような生活を送っていたのか?
その事を考えて頂き、これからの人生に役立てて頂ければ幸いでございます。
本サイトのタイトルを「言霊」と致しました由来は、先人の言葉が今もこの世に残り人々に語り継がれて何らかの影響を与えている。
つまり、先人の「言霊」は未だこの世に残っている。
そして、物語や神話にもこのような要素があると考え至り「言霊」というタイトルに致しました。

言霊-日本の物語を語り継ぐ(日本神話や民話、昔話)-の先頭へ